母乳不足を解消する

赤ちゃんに1日にあげるべき母乳量とは

赤ちゃんの一日に飲む量と回数

母乳がしっかり出ているかどうか、足りているかどうか母乳育児をしている中で、みなさん一度は気になったことがあるかと思います。ミルクとは違って母乳はどれだけ赤ちゃんが飲んでいるか簡単に確認ができませんから、母乳が不足していないか、あるいは飲みすぎなのかと気になりますよね。

<飲む回数と量の目安>
母乳を飲む回数は1日8-12回ほどです。ミルクですと3時間置きといわれていますが、これはミルクと母乳の消化時間に差があるためです。母乳は消化・吸収が良いため飲みすぎの心配をすることもありませんし、3時間以上空ける必要もありません。

新生児の頃はまだ赤ちゃん自身が吸う力も弱いですので1度にそれほど多くの量を飲めませんし、産後すぐのママ自体の母乳量もまだまだです。初めての授乳の場合、乳腺がしっかり開通するまでに時間もかかります。

赤ちゃんが飲む量は生後1週間までは生後日数×10ml+10mlで計算され、生後1週間から生後1ヶ月頃までは1回に80-120ml飲めるようになります。最初の頃はそれほど時間が経たないうちに欲しがりますが、赤ちゃんのリズムに合わせて飲ませることで少しずつ母乳も出るようになります。

3、4ヶ月になる頃には赤ちゃんが一番量を飲む頃で、その頃には母乳のリズムが出来て出も良くなっています。1回に200mlほど、1日に5、6回飲みます。これはあくまでも目安ですので、飲んだ後の赤ちゃんがぐずっていないか、その後よく寝ているか、体重の増え方が適当かどうかでも判断する必要があります。

<1度に飲む時間はどれくらい?>
赤ちゃんが満足するまで飲ませてみると、母乳をいつまでも飲み続ける赤ちゃんもいます。飲む時間の目安は左右それぞれ15分程度です。これ以上飲みたがる場合は、赤ちゃんが遊び飲みをしていることが考えられます。

だらだら飲んでいると授乳間隔も空かずママの身体にも負担がありますので、30分以上飲み続ける時は一度離して様子をみてください。母乳の出が良くなって赤ちゃんの吸う力が強くなれば、短時間で赤ちゃんも満足するようになってきます。